どうも、yasuです^^

今回は韓国輸出ビジネスの魅力、5つ目 「価格競争が起こりにくい」 について詳しく説明します!

 

 

 

韓国にはAmazonのように1つの商品につき1ページしか商品ページがないような

ショッピングサイトは無く、

どちらかというと楽天やyahooショッピングのように

1つの商品につきショップの数だけ商品ページがあるというような

ショッピングサイトが主流です。

わかりやすく画像を載せますね^^

(画像をクリックすると拡大してご覧いただけます)

 

 ↓ ↓ ↓

 

1

 

 

2

 

 

上記のような違いがどういう現象を生むかというと、

一番大きなポイントとしてはやはり

”価格競争が起こりやすいか起こりにくいか”

というところです。

 

 

 

「Amazonはなんであんなに安いんだろう?」

って思ったことはありませんか?

その理由がこれです。

 

Amazon のように

”1つの商品につき1ページしか商品ページがない”

ということは、いろんなお店がその商品を出品していたとしても

みんな共通の内容が記載されている商品ページでお客さんにアピールしているわけなので、

価格が一番安いかどうかが一番目立ってくるわけです。

なので、他店より1円でも安くして少しでも売れやすくしようと

価格競争が起こってくるというわけです。

 

これがお客様第一主義のAmazonの戦略です。

購入者側にとっては嬉しい仕組みですが、

出品者側にとっては利益がなかなか安定しないのでリスクが高い仕組みです^^;

 

 

 

逆に楽天やyahooショッピングのように

”1つの商品につきショップの数だけ商品ページがある”

というのは、

ショップそれぞれが

 

・独自の特典を付けたり、

・商品の画像を工夫できたり、

・商品の説明文を工夫できたり、

・問い合わせしやすくなっていたり、

・ページのレイアウトを工夫できたり、

 

と価格だけでなくいろんなポイントをアピールできるので、

「価格が安い=売れやすい」

とは限りません。

 

逆に安すぎると、なんか怪しいとか、

偽物なんじゃないかと疑われてしまったりするので

逆効果になったりする場合もあります。

実際にそういう問い合わせをもらったこともあります^^;

 

なので、売れているショップはその商品の適正な価格で販売していますし、

安ければ良いという考えは持ってないので、価格をあまり下げません。

ということは価格競争があまり起きませんので利益の変動も小さくて

販売者側にとっては嬉しい仕組みになっているということです^^

 

 

韓国輸出で売れるポイントは

 

・適度に他のショップより安い価格

・お店の評価が良い

 

この二つがかなり重要になってきます!

 

 

 

というわけで、韓国のショッピングサイトは

日本の楽天やヤフーショッピングのような販売形式なので、

”価格競争が起きにくい”

ということがわかっていただけたかと思います^^

 

 

実際僕も半年前に韓国輸出を始めたばかりの時は、

なるべく安い価格で出品していましたが、

今ではショップの評価も良いので、

一番安くなくても問題なくバシバシ売れています^^

 

僕は以前日本のAmazonで輸入商品を販売していた経験もあるので

この違いに始めはすごくビックリしましたし、

同時に

「価格競争しなくていいんだぁ><」

とすごく安心しました^^

どんどん利益が減っていく悲しさったらないですからね^^;

 
ではまた^^

 

ポチッとお願いします。

↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ