どうも、yasuです^^

今回は、先日ある読者の方から副業をやるにあたっての相談を受けたので、

その相談内容と僕の回答をみなさんにシェアしたいと思います^^

結構状況が似ている人なんかもいらっしゃると思いますので

是非参考にしてみて下さい^^

 

 

まず相談内容はこちらです。

↓ ↓ ↓

————————————————————————————————-

お世話になっております。
個人事業主としての屋号も決まり、住所地管轄の税務署へ
開業届等の提出に向け、書類を作成中なのですが、少し
ご相談というか、大丈夫なのであろうか?と思いメール
させて頂きました。

私は現在、サラリーマンをしておりますが、個人事業主と
して届ける(届けなければいけない事は承知してます)と
万が一、会社を退職(副業がばれて退職・自主退職含む)
した際に失業手当が受給出来ない事を知りました。
(この1月から開業届を提出する人は、マイナンバーの記載も
必要になってました。)
私の場合、ちょっと理由があり、失業した際の給付日数は
300日あり、普通に退職するよりも条件が良い。という
メリットがあります。。

また、副業が会社にばれて退職(解雇扱い)した場合は、
退職金も支給されないようで(うちの会社の就業規則を
確認しました。)、そうなってしまうと、いきなり韓国輸出
ビジネスだけが収入元となり、あっという間に生活が厳しく
なってしまう。。という現実が目に浮かんでしまいました。

こんな事をyasuさんにお話しするのは、全く筋違いだと
いうのもわかってますが、果たしてこの先どうしたもの
だろうとちょっと、二の足を踏んでいる状態です。

yasuさんも本業をやりながら今の韓国輸出などの
副業をやってらっしゃるということで、
何かアドバイス的なものを頂けたらと思っております。

————————————————————————————————-

 

なるほど、この方の不安のポイントは3つです。

 

①万が一、副業がばれて会社を退職(自主退職含む)
した際に300日も支給されるはずの失業手当が受給出来ないから不安。

②副業が会社にばれて退職(解雇扱い)した場合は、
退職金も支給されない(会社の就業規則を
確認)から不安。

③2016年1月から開業届を提出する人は
マイナンバーの記載が必要だからそこから会社にバレないか不安。

 

 

上記の相談に対しての僕の回答がこちらです^^

↓ ↓ ↓

————————————————————————————————-

こんにちは^_^

お問い合わせ頂きありがとうございます。

まず副業がバレる原因としてポイントになってくるのは、
・副業収入が給与所得か、事業所得か。

・確定申告の時に住民税の支払いを特別徴収(会社の給与天引き)を選択したか、
普通徴収(会社に副業収入や住民税の金額はバレずに自分で支払う)を選択したか。
の2つがポイントになります>_<

 

マイナンバーについても、あれは国に自分の詳細な情報が開示されるだけなので、

マイナンバーのせいで会社にバレる場合とバレない場合があります。

 

韓国輸出の収入は事業所得になるので、

確定申告時に住民税の支払を普通徴収(自分で支払う)にしていれば、

マイナンバー導入によって副業の収入が

会社側にバレる可能性はほぼないと思います。

 

逆に副業がアルバイトなどの企業からの給与所得になると、

確定申告時に住民税の支払は

原則、特別徴収(会社の給与天引き)になるので、

本業と副業の合計所得金額に対する住民税の総支払金額が

本業の会社側に通知されてしまうので

「なんでこんなに住民税が高いんだ?
 うちはお前にそんなにたくさんの給料を
 支払った覚えはないぞ!」

という感じでバレます^^;

 

なので、○○さんの場合、韓国輸出を始めたら、

確定申告の時に、事業所得の方の住民税の支払いを

普通徴収(自分で支払う)に選択すれば、

おそらく副業はバレないんじゃないかと思います^_^

 

上記の内容はあくまで、ファイナンシャルプランナーの僕が持ってる知識と、

僕の担当税理士さんに聞いた話での情報なので、

その辺は自己責任でお願い致します^^;

 

あと実際僕も現在本業の会社に勤めながら、

副業として韓国輸出や資産運用、情報販売などなどをやっていて、

住民税の支払いも給与所得も全て含めて普通徴収(自分で支払う)にしています^_^

 

会社にも副業はバレていません^_^
というか副業OKの会社なんですけどね^^;
一応念のためバレないようにしています^_^
あと参考までにこちらの2つのリンクを貼っておきますので、
よく読んで見て下さい^^
↓ ↓ ↓
http://news.hoken-mammoth.jp/my-number_s1/

http://news.hoken-mammoth.jp/my-number_s2/

 

 

おそらく誰にも言わないだけで、

自宅でネットビジネスやら不動産投資やら

ネットワークビジネスやら、

何かしらの事業所得の副業をやっている方は

たくさんいると思いますので

そこまで心配しなくてもバレないのではないかと思いますよ>_<
ただ他の人がチクってバレるパターンが

一番多いみたいなので注意は必要ですけどね^^;

 

あと100%絶対にバレないとは僕も言えないので、

その辺りも踏まえてよく考えてみて下さい>_<

 

本業在職中に副業としてやる分には問題ないとは思いますが、

退職する時になにかしらでバレて

退職金はもしかしたらもらえない可能性もありますし、
副業での月の収入にもよりますが、

たしかある一定の月の収入を超えると失業保険は受給できないので、

韓国輸出などでの稼ぎが

生活できるのに全く問題ないくらいまでになったら

辞める事をお勧めしますね>_<

 

独立する時にはいろんな可能性とリスクをこれでもかというくらい

考えた上で判断した方がいいです^^

 

また、資産運用の観点から言うと、

逆に本業をやってた方が資産の基盤を作りやすいという側面もあるので、

順序とタイミングが重要です。
その話もご興味があればまた今度詳しくお話します^^

————————————————————————————————-

 

 

こんな感じです^^

 

副業を初めてやられる方なんかは最近のマイナンバーのことなどもあり

結構不安に思っている方もいらっしゃるかと思うので、

今回の記事をよく読んで参考にして下さい^^

 

あと、今回のことに限らず

副業でも本業でもなにかしらのビジネスをやられている方は

そのビジネスに関係のある日本の税金制度や法律に関しては

必要最低限の知識として持っておいた方が良いです。

 

あとで大変なことになっても自己責任ですからね^^;

 

まぁでもしっかり申告していれば何も心配するようなことはないんですが^^

 

何かわからないことがある場合は遠慮なく僕にご連絡下さい^o^

 

ではまた!

 

 

ポチッとお願いします。

↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ